青色賛歌




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
うふふー。 :: 2011/12/02(Fri)

 データ打ち込みおわったー。移し替えもおわったー。
 あとは因子分析するだけだぜー。
 …するだけ、だぜ……………

 長いのだか短いのだかわからない先に怯えつつ卒論を進めています青月です。
 最近楽しみなドラマは家政婦のミタをさしおいてハンターですかなたです。私…あの家政婦の雰囲気…胃に気きて苦手…。でも今期のドラマはなにも身をいれてみてないなあ。適当だ…アニメも今期見てないや…そのうちフェイトゼロは借りたいなあ……

 しかし最近はあほらしいノリからはじまってどろどろというのがはやっているんでしょーか。多くないですかそういうの。最後までほのぼのしく安心してみれるドラマが見たいものです。マルモがすきだった。子役が最近ですぎて「…子供なのに大変だなあ」ってしみじみするけれども。ていうかあのおんなのこの方は、もう女優だよね…!

 あと、恋愛と仕事のあいまー系も、まあ、たまにみるとおもしろいですが。連ドラでやられると微妙に胸やけはじめる時もあるのが不思議。むしろすれ違いさいこー。ってなるドラマもあるんだけどなあ。その時のテンションによるんだろうなあ。

 基本的にドラマは骨董無形な方が好きです。アニメはその限りではありませんが。小説もそうなのですが。
 ドラマで現実をあまりリアルにされると夢がみれなくてかったるい。生身の俳優さん熱演するエネルギーがびしびしかおってきて、ひるんでしまうというか。そういうのは2時間映画とかがいいなあ…
 でも現実を書くとか言いつつ甘く書かれるとそれはそれで苛々する。現実の俳優さんがあまりに浮ついたことを言うと滑稽に見える。

 それなら最初っから地に足ついてないのが好き。ふっとんだギャグとかが好き。ギャグくなくても吹っ飛んでるのが好き。ドンキホーテ好きだったなあ。
 一日のうちに一時間くらいゆっくり夢がみたい。
 しみじみと思う自分は多分結構疲れてる。
 でも疲れたなあと思う程度だから真の疲れは訪れてない。

 今日の結論。
 大体 卒論の せい
スポンサーサイト
  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<文芸部品評会は12月3日です。 | top | 指がでてる手袋に手をだしてしまった。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seiduki.blog91.fc2.com/tb.php/744-5281c470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。